« 国立。東京。ガンバ戦。 | メイン | 丹沢山行。その② »

2008年07月17日

丹沢山行。その①

富士山のための準備山行で丹沢へ。
たぶん今まで一番登ったのは丹沢山系かな。
幼少時は親父に連れられて、大学では丹沢愛好会なんつーベタな名前のサークルで。
社会人になってからは一度も行ってないので10年以上振りの丹沢となりました。
(しかし年をとったもんだね、自分も)

まずは秦野駅からバスでヤビツ峠まで。
20080712_02.JPG

この時点で、親父に借りた登山靴があまり足に合わず痛い。。。
ちょっと不安になりつつ。。。

8:40に登山開始。
ヤビツ峠からそのまま道路を20分ほどあるくと富士見山荘があり
そこから林道を少し上がったところから登山道が始まります。

「さあ登り始めるよ!」

まずは三ノ塔を目指しますが、結構急な登りが続きます。

「もう疲れちゃった。。。」


地図のコースタイムは1:15でしたが休憩含め2時間弱で
三ノ塔に到着。

「イイ天気でよかったね。向こうに見えるのがバカ尾根こと大倉尾根かな?」

「標高1205Mです。」

奥の一番高いところが今回の目的地、塔の岳。

「まだまだだね。。。」


「お地蔵さん、こんにちは」

一度ちょっと下ってから烏尾山への登り。
烏尾山小屋が見えてきました。

ここらへんからもうしんどくなってきて
写真も撮る余裕も減ってきた。
でも久々の山でかかる身体への負荷が心地よい。

(たしか)行者ヶ岳を越えたあとの下りの鎖場。

新大日への登りの前にガレ場を越えるための木橋を渡る。


新大日に到着したのは12時30分くらい。
コースタイムから結構遅れてしまった。
久々だからしかたないとしよう。
新大日で昼飯。
塔の岳まであと1時間弱。がんばれ!

とそこでチェブくんが変な植物を見るけた。
「ナニコレー?」

「ワカッタ!トウモロコシダー!」


そして14時ちょっとに塔の岳。
ちょっとパフュームっぽく並ぶチェブくんたち。
「疲れたね」「疲れたよ」「うん、疲れた」

標高は1491M。

久々の尊仏山荘。「カッコいいよね。山小屋」

山頂からの景色の写真は撮ってなかった。
疲れてたな俺。
ゆっくり休みたかったのだが、予定時間も結構すぎており
雨雲が出て雷が鳴ってきたので早々に大倉方面へ下山を開始。

そういえば塔の岳、尊仏山荘といえばいつも鹿がいたのだが
この日は見ることが出来なかった。
と思ったら大倉尾根の花立山荘のところにいた。

登山道のすぐ横にいたのに
写真を撮ろうとしたら逃げちゃった。
ので写真は真ん中に白いお尻がちっちゃく。


とりあえずその①はこんなところで。
その②は明日アップします。

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/123

コメント

numerous blog you latch on to

投稿者 Jorge Skabo : 2010年12月13日 16:20