« 丹沢山行。その① | メイン | 京都遠征。1日目は大阪。 »

2008年07月19日

丹沢山行。その②

雷がゴロゴロ鳴るなか、花立山荘をすぎてしばらくすると雨が降ってきた。
疲れもあるので堀山の家で休憩をした。

「ふぅ~疲れた。あとどれくらい?」
20080712_18.JPG

コーヒーを頼んだらカステラが付いてきた。美味しい。
疲れた上、雨で冷えた身体に暖かく甘くしたコーヒーが沁みる。。。

雨も止み、再出発。
「ご馳走様でした。」

雨上がりの山道にはちっちゃな川が出来ていた。

「雨上がりはキレイだよね」

下りはほとんど休憩なしで、ぐわーっと突き進んできた。
バカ尾根こと大倉尾根はダラーっと長くて
おまけに木で作った階段が多いので、歩幅を強制され非常にあるき辛い。
(しかし階段がなければないで、人が多いせいで荒れたままになってしまうのでもある)
とにかく基本的には苦行という言葉があてはまるところです。
しかも足が痛い。。。靴ズレとかじゃなくて
靴が足にフィットせず甲の部分ととつま先の部分が酷くあたる感じ。
下りの方が特にきついかったなー
今回は準備山行なので肉体的にも精神的にもいじめたかったので
ちょうど良い。ということにしよう。

「まだ歩くの。。。」

「もー疲れたー!歩けないー!」

「あともうチョイ。。。」


で18時ぐらいに大倉のバス停に到着。下りは3時間ちょっとでした。

「ふー終わってみれば楽しかったね」

「ビール飲むでしょ?」


チェブくん、ありがとう!

ゴクッゴクッゴクッ

ぷはぁー!!やっぱり山終わったあとのビールはうめー!
温泉入ったあとだったらもっと最高だったけどね。


「お疲れ様でした」


ってな感じで準備山行終了。
今回のコースタイムは

08:40 ヤビツ峠
09:00 富士見山荘
10:50 三ノ塔
12:30 新大日(20分の休憩)
14:10 塔ノ岳(40分の休憩)
18:10 大倉
※所々に小休止あり。

かなりのゆっくりペースでした。
以下、丹沢登るとき用のメモ。

・靴はハードで重い靴よりソフトで軽い靴がベター
(階段とかが多いのでゴツイ靴は邪魔)
・大倉尾根は登りたくない
・最近、山をやるおんにゃのこは結構かわいいこがおおい
・ヤビツ峠までのバスは揺れるので車酔いするひとは注意
・登りだと新大日あたりの小屋、下りだと花立山荘にかき氷あり

以上。


では明日から2泊3日で大阪・京都に行ってまいりますー♪

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/124

コメント

わ~、お疲れさまでした。

疲れたーと駄々をこねつつ、終わってみればごきげんのチェブくんがかわいい♪

ビールなんて勧めちゃって、やるわね!

投稿者 さわこ : 2008年07月19日 10:38

車でなくてよかったね、おいしいビール飲めたから♪

投稿者 WW : 2008年07月20日 12:17

>さわこさん

チェブ君。実はリュックの中にいたくせに
疲れたーなんて言ったりしていたのです。。。
まあそんなことは忘れてシレッとビールを
くれるところが良い所。でもあります♪

>WWさん

そういうこともあって車はやめました♪
丹沢の表の方は小田急からアクセスがいいからねぇ。
今度は西丹沢にも行こうかと思ってます。

投稿者 muraminex : 2008年07月21日 02:11

This site seems to get a great deal of visitors. How do you get traffic to it? It gives a nice unique twist on things. I guess having something useful or substantial to give info on is the most important thing.

投稿者 Janey Botsford : 2010年12月13日 17:40