« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月29日

びしょぬれ柏戦

2連敗の後味の悪さも多少ぬぐえた今日の勝利。
気持ちよく寝れるハズが寝苦しくて夜中に起きてしまった。
窓の外が断続的に光り、地響きのような音がしている。
まるでスピルバーグ版の宇宙戦争のような雰囲気だ。
きっとこんな日に彼らは雷に乗ってやってきているのだろう。
そしてすでに地球に来ている仲間と
地球を侵略する計画を画策しているのかもしれない。。。
それはそれでいいのだが(?)
どうか羽生さんを故郷に連れて帰るとかいうことだけは
言い出さないようにしてくれないだろうか。

というわけで柏戦のことをアップ。
20080828_01.JPG

会社を定時に上がって駅までダッシュ。
山手線の外回りに飛び乗ったまでは良かったのだが、
五反田から日暮里までは品川方面の内回りの方が早かった。。。
そんな感じで15分ほどのロスがあったものの、
なんとか試合には間に合いました。

赤嶺のゴールでは世界がスローモーションになり
まさにゴールに吸い込まれるように如く
GKの伸ばした手とバーの間をすり抜けて行った。。。

なんとも持ち味であるゴール前での勝負がなかなか出来ないと思ったら
あの場所から、ああいうシュートを打つとは。
素晴らしいぞ赤嶺!ありがとう赤嶺!

さすがにあのピッチコンディションでは個人技でかわすことが難しいので
東京の守備的には助かったところがあると思う。
攻撃だって相手を完全に崩すことはできていなかった。
(崩さなくたって点を取れればいいのだが。。。)
でもほんとあともうちょっとの気がする。
あともうちょっとで東京の目指すサッカーのシッポくらい掴めそうな気がした。
中断期間での更なるレベルアップを期待します。

そして自分もしばらく腹筋さぼってたら声だしが前より辛くなっていた。。。
ちょっと筋トレ復活させねば。。。


投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

2008年08月24日

くそったれな週末

20080823_01.JPG

雨の中の東京ダービー。くそったれな結末。くそったれな気分。くそったれな世界。
なにもかもがくそったれだ!!!

この試合、選手達は頑張っていたと思う。
押し込まれる時間があったものの、内容はブーイングされるほどでもなかった。

でもね、ホームでダービーに負けてブーイングが無いってのはありえない。
ダービーってのはたぶんそういうもんだと思う。

前3回のダービーでは死ぬほど喜んで、選手に感謝していたのに
まるで手のひらを返すようにたった一度負けただけで
すべて無かったことのようにブーイングするのはどうかと思うかもしれないが
すみません。でもそういうもんなんだと思います。

トーチュウでカボレが「このチームには何かが足りない。何かが」とコメントしていた。
たぶんそれはここ数年、東京が殻を破れない原因のなにかだと思う。
今シーズンはその糸口だけでも見つけて欲しい。城福さん頼みます。

あとオフサイドのシーンについて、映像は見ていない(見たくもない)ので
あくまでネットの情報だけですが、焦点はオフサイドポジションにいた今ちゃんが
シュートに絡んだか絡んでないか?ということらしいですが
もしそうなら、微妙に絡んだか絡んでないかは審判の判断にゆだねるしかない。。。
と思ったのですが、どうもモヤモヤするので
いやぁ~な気持ちをぐっとこらえて録画を見直しました。

もちろん試合中の審判の判定は絶対で、結果は覆らないこと。
また、これが敗戦の理由ではないということをしっかりと踏まえた上で
ただのひとつのジャッジの正当性を確認するということで言えば
重ねて僕は素人なのであくまで素人考えで言えば

「オフサイドじゃねーんじゃね??」

どうしてかっていうと、「関与する」と「関与しない」っていう言葉の違いは
「関与する」:もしその人がいなかったら結果が変わっていた
「関与しない」:その人がいてもいなくても結果は変わらない
ということだと思うからです。
たとえばベルディのGKが反応して今ちゃんにぶつかったりしてたら
それは関与したと思うのですが、今ちゃんがいなくてもベルディのGKは
シュートにまったく反応できていなかった。つまりゴールに今ちゃんは関係ない。
だからオフサイドではなかったと思います。

主審は線審に「なぜオフサイドだったのか?」をしっかり確認したのでしょうか?
線審のポジション(横から目線)ではオフサイドポジションははっきりしますが、
関与したしないはおそらくはっきりとは確認できてないはずです。
そして主審のポジション(縦から目線)ではオフサイドポジションよりも
関与したかしないかがはっきりします。
ならばお互いの役割分担に沿った判断を行い。
意見をすり合わせて2次元的なジャッジをしてもらいたかったと思います。

はい。以上、どんなに言い訳しても負け惜しみになってしまうが
どうしても整理したかったことでした。

で、ついで試合の映像も、終了間際から観ました。
あのくそったれな気分を思い出して
くそったれな日曜を過ごします。

その後は木曜日までなんとか気持ちを落ち着かせて
また一生懸命応援します。
監督・選手・スタッフ・そのほかチーム関係者の皆さん、頑張ってください。

投稿者 muraminex
| コメント (50) | トラックバック

2008年08月23日

旅の終わり、と今更名古屋戦

夏休みシリーズが今回でやっとこさ終了です。。。

「慌しい旅だったね。。。」
20080809_01.JPG

旅の最終日は愛媛から名古屋への移動日。
ただ昨日の海が楽しかったので朝一、海で軽く遊んで行こうと思っていた。

まずは腹ごしらえ。
朝飯にパスタを茹でてマヨネーズをかけただけのものを作ったのだが。。。

喰いすぎで気持ちわるくなった。
ということで海は断念。
しばし腹休めのためボーっとしていたら。。。。

「何かやってくるよ!」

「合鴨とガチョウだ!」

この公園(キャンプ場)には池があるのですが、
そこの池に住む彼らが寄ってきました。
散歩。。。ですかね?

それからバスで宇和島まで。
宇和島は以前に四万十川へ行ったときなど
なんかいか寄ったことのある街。
ちょっとだけ懐かしい気持ちになりました。

松山の駅で慌しく乗り換え。ついでに駅弁「醤油めし」を購入。

「これこれ、こういうのがウマイんだよなぁ~」

窓の外に海を見ながら駅弁なんて、旅冥利に尽きます。

瀬戸大橋を通過中。

んで名古屋に到着したのはキックオフの1時間前くらい。
スタジアムで合流した連れに買っておいてもらった
お気に入りの鰻屋さんのお持ち帰りです♪

味もボリュームもバッチリ!
本当はお店でひつまぶしが食べたかったんだけどね。

で、試合も久々に勝利!!
この日は最後の最後まで油断をせずにでかい声を出して応援した。
とにかく勝ちたかった。ちょっとした気の緩みで失点なんて絶対に嫌だった。
その為にはまず応援を緩めちゃいけない!なんて思ってた。
いっつも書くけど、僕らの応援は試合にほんのちょっとしか影響しないだろう。
でもそのほんのちょっとを、ほんのちょっとだけでも大きくしたい。
とにかく積み重ね。
ウン万人のため息がどよめきに変わるスタジアムという場所で、
僕らが作れるものはきっとあるはず。
だから足を動かして、そして声をだそう。
ほんのちょっとでいいから。前よりもちょっとだけ大きく。

ということで今日はベルディとのダービーマッチ。
おなかいっぱい感のあるダービーで、前のような高揚感が無いんだけれども
国立に行って試合開始が近づけば自然と体が盛り上がるだろう。
今日もでっかい声で歌いましょう。
「ベルディーだーけにーはー負けられなーい!俺たちのちかーら、見せてやろーおぜー!」

投稿者 muraminex
| コメント (3) | トラックバック

2008年08月21日

須の川の珊瑚と猫のいるキャンプ場

夏休み3日目の後編。
鹿島を後にして向かった須の川もまた素晴らしいところだった。
20080808_12.JPG

鹿島から船で戻り、バス停へ行って時刻表を見ると。。。
バスが無い。。。(実は知ってたのだが)
太陽はジリジリと照りつけ、ザックが肩に食い込む。
そんなときはどうするか。方法はひとつしかない。ヒッチハイクだ。

道路の端を歩きながら、車が来るたびに少し振り返り腕を出し親指を上げる。
もちろん笑顔で♪
10台くらい通りすぎたあとだったか、1台の白い軽自動車が止まってくれた。
「暑いから大変だったでしょ?」
と言って乗せてくれたのは姑さんとその息子の嫁ってな感じの女性2人組み。
「ありがとうございます!」
と元気にお礼を述べ(これ大事)車に乗り込んだ。

2人と色々地元の話やら、地方の過疎化やら、ふるさと納税やらの話をしながら
須の川へいけるバス停まで送ってくれた。ちょうどバスが来たところで
慌しく再度お礼を述べ、宇和島行きのバスに飛び乗った。すべては順調だ。

こういう旅はいい。
色々なものに突き動かされつつも、自分でコントロールできているような。
そんな素敵な感覚のまま、バスは須の川に着いた。
バス停はキャンプ場のある公園のすぐ横。
でもまだ日は高い。ならばキャンプ場のすぐ向こうにある海へ!

キャンプ場からの小道で林を抜けると防波堤の向こうはすぐ海。
広い海岸、波は無く穏やかな海。ちょっとエメラルドグリーンぽい。
エントリーしたところの海の底は細かく白い砂。そしてなまこくんたち。
ありゃ。珊瑚はたまーにあるだけ。
おかしいな?
とりあえず海岸沿いに進むも一向に珊瑚は見えない。
これはしくじったかな?
しかし、ちょっと沖の方になにやらブイ(海に浮かぶやつ)が連なってるところがあった。
最初は遊泳区域の目印かな?と思っていたが、そこには。。。。

「あった!珊瑚だ!!」

「すごい綺麗に群生している。小さい魚たちがいっぱい泳いでる」

「う~ん。四国でこれほどまでの珊瑚が見れるとは」

「定番のクマノミくんたちもいっぱい泳いでた」

「本当に立派な珊瑚たちです」

「ウニもいっぱい!地元の人たちは獲らないのか?それとも身が無い種類とか?」

「トゲが太い。。。」

「少しずつ、少しずつ大きくなっていけよ・・・」

とても素晴らしい海だった。
海に浮かんで珊瑚と魚達を眺めているだけでも楽しい。
潜って色んな種類の珊瑚を近くで観るのも楽しい。
嗚呼、もう一日ここで遊びたい。。。。(のだが翌日は名古屋に行かねばならぬ)
日も暮れかけたころに後ろ髪を引かれつつ海から上がった。

まずは公園の管理事務所兼売店へ申し込み。
と、事務所の前にたたずむ白い猫を発見。
猫のいるキャンプ場なんて素敵すぎる。

「手足がかわいいよね」

「ちょっと美川憲一はいってる?」

で今回も広い芝生のキャンプ場!しかも300円!
しっかりとした炊事場もあり、ちゃんとトイレもある!

唯一の難点は、ちょっと交通量のある道路が近いことくらいかな。
それが無ければ静かで完璧だったんだけどね。

幕営中。右後ろで幕営しようとしているのは歩きのお遍路さん。(まだ若い男子)

すげーな。歩き&キャンプのオヘンローラー。
いつかはやってみたいがサッカーのオフシーズンしかチャンスが無い。。。
色々話が聞きたかったのだが、一人の方が好きだったらどうしよう。
とか考えてしまい話掛けられず、すれ違ったときに「頑張ってください」とだけ。

さてこのキャンプ場。さらに素晴らしい施設が道路をはさんだ向こうにあったのでした。
「それは温泉です!食事できるところもあるよ♪」

この温泉もたったの300円。
こじんまりした温泉だったけど、十分、十分。
ちなみに温泉しょっぱっかったです。(普通のお湯の温泉もあり)

旅の垢を落としたあとは(ちなみに鹿島でもシャワーは浴びてましたよ)
冷たいビールとうまい肴ですね。

「イカの和え物」(ともちろんビール)

ビールが染みる。プハァ。。。。

「公園事務所の人も勧めてくれた地のもの、ヒオウギという貝の刺身」

ホタテよりも身がしっかりしてます。

「この貝の殻はカラフルで地元の工芸品にも使われてるんだって」

ほかにもちらほら頼みつつ。。。最後に

「ネレの刺身とタコの刺身です」

ネレはカンパチの子供らしいけど、地元の呼び方なのかな?
新鮮で、見は少しねっとりしたあの感じ。う、うまい。。。

これでご飯をお追加して〆ました。。。最高♪

テントに戻り、昨日買ってすっかり温くなったビールを飲む。
嗚呼、どうしてこういう状況で飲むビールは温くたってウマイのだ!?
と最高のほろ酔い気分で眠りについたのであった。。。

投稿者 muraminex
| コメント (2) | トラックバック

2008年08月18日

鹿島の2日目。高松のおっちゃんと知り合う。

さて本当のロンリーナイトは終わりを告げ、新しい朝がやってきた。

「とりあえず雨は上がりました」
20080808_00.JPG

この日、朝の船でやってきたおっちゃんと仲良くなって一緒にシュノーケリングすることにした。

このおっちゃんは去年定年で、それからシュノーケリングを始めたとか。
その前もパラグライダーとかチャリンコとかボートとか、とにかくアクティブ。

どうやら船渡しのある港の宿に泊まっているらしく
そこの親父にこのキャンプ場の前あたりも面白いと聞いてきたそうな。

キャンプ場の前からエントリーすると、珊瑚は無かったものの魚はいっぱいいました。
「ブダイが悠々と泳いでいます。」

「エイの3兄弟!?」

※3匹目は右下にちょこっと。。。

「獲物を狙う(?)ウツボ。。。」

「一面の小さな雑魚たち」

「ハリセンボンかな?」

ちなみにキャンプ場の前は潮の流れがきつく、
フィンで普通にキックしてやっと同じ場所をキープできるぐらい。
前に進むのには一苦労なほどでした。。。
一人でやってたらたぶんすぐ上がってたな。。。


一度上がって今度はおっちゃんと別れて、再度コーラルビーチへ。
この日は少し晴れたお陰か数人遊んでいる人たちがいました。

「珊瑚の上にはキンギョハナダイたちが踊っています」

「昨日より透明度が高いかな?珊瑚が綺麗に撮れました」

「頑張って大きくなれよ。。。」

「ハナミノカサゴ!!一瞬びびりました。確か毒持ってた気が。。。」

こんな感じで鹿島を堪能。本当は夕方まで遊んでから須の川というところ
(須の川にも実は珊瑚があるとか)に行ってキャンプする予定だったのだが
なんか「鹿島は大体わかった!」と勝手に判断したので、
急遽早めに鹿島を後にしたのでした。

「また機会があれば来たいな。。。晴れるときに。。。」

投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

2008年08月17日

浦和戦

夏休みのレポートも、名古屋戦のレポートも間に合わないまま浦和戦に突入でした。
20080816_01.JPG

この日はsilkさんを車椅子席での観戦にご招待。
事前の東京のHPから申し込みをしたら、担当者の方からメールで連絡が来て
添付の申込書の記入して、障害者手帳のコピーを添付(初回のみ)してFAXするとのこと。
手続きがすむと郵送で車椅子席の案内と駐車券が送られてきました。
駐車場はスタジアム内にもありますが、今回は申し込みが多かったらしく
外の西駐車場になりましたが、特に問題はありませんでした。

「まずは車の出入り口からスタジアムへ入っていきます。」

スタジアム駐車場のところに受付があり、
受付を済ますと係員の方が一人付いてきてくれて案内してくれます。
あたりまえですが入場ゲートなどは無く、普通の扉から建物内部へ。。。

「これが味スタの内部なんだね!」

「このスロープの先が客席かな?」

「なるほど!ピッチは少し掘り下げてあるから、
高低差があんまりなく入場することが出来るんだねー」

受付すましてからものの1分ぐらいですんなり入場。
まあ普通のことなのかもしれないけど、いつもと違う入場のしかたでなんか楽しい♪

「広々としてますね」

「ベンチの監督・選手もよく見えそうですね」

「ゴール裏はこんな感じで見えるんだね」

ちなみにこの席だと雨はアウト。
どうするのかと思ったら屋根のあるところにも席があって、
そこへ誘導してくれるとのこと。ふむふむ。
あと付き添いの人にはパイプ椅子を貸してくれます。

申し込みから、観戦、そして終了後もすべてスムーズにいきました。
関係者各位に感謝です。ありがとうございました。


さて試合ですが。。。悔しいの一言。。。
どうして勝てないのか。それは監督・選手に任せます。
自分は勝利に喜ぶ浦和の連中を、唇をかみ締めながら見つめていました。
自分たちのホームではしゃがれる屈辱。
この悔しさは次の試合の応援、そして勝利でしか返せないんだ。
と自分に言い聞かせながら。。。
そして、いつか優勝するときには浦和に完全勝利して優勝したいな。
なんて思った。

投稿者 muraminex
| コメント (3) | トラックバック

2008年08月15日

夏休み2日目。愛媛県愛南町の鹿島へ(その2)

さてこの鹿島、昼間は管理人や食堂のおばちゃんがいるものの
夜は無人島になるという。
つーことで夕飯は必然的に自炊になるわけで、
夜は簡単レトルトカレープラスアルファを作りました。
その模様をお送りいたします。
20080807_24.JPG

まずはテントの幕営。

ICI石井オリジナルのゴアライト。2本のポールを組み立ててテンションを掛けるだけ♪

「じゃあまず茄子を切ってください!」

チェブくんに指示され黙々とナスを切ります。

「切れた?じゃあ次はナスを炒めます」

「ナス良く焼けたー」

「次はしめじだよ」

「最後にナスとしめじをあわせるんだよ」

カレーとごはんはレトルトを暖めます。

で炒めた野菜とレトルトカレーを合わせると。。。

「なるほどレトルトカレーもこうすれば立派な夕食だ!」

知らない土地で一人っきりで食事をするってのは
それだけでなんかソワソワするくらい楽しくなってくる。
とっても快感だ。


「夕方になると鬱蒼とした森から野生の猿たちが騒ぎ出してきます。。。」

とりあえず音を出したりして威嚇しておく。

食後、ふとテントを見るとフナ虫が脱皮していやがった。

ちなみにこの日はマイハッピーバースデー。
無人島で誕生日の夜を迎えるなんて素敵じゃないか。

投稿者 muraminex
| コメント (4) | トラックバック

2008年08月14日

夏休み2日目。愛媛県愛南町の鹿島へ(その1)

ちょっと前から気になっていた愛媛県愛南町にある鹿島という小さな島。
そこには珊瑚があって絶好の素潜りスポットだそうな。
20080807_06.JPG

大分戦と夏休みを絡めたときにふと思いついたのが
大分あたりから四国にフェリーとか出てるんじゃね?
という考えだった。

案の定、大分から電車で1時間ちょっと南下したところにある佐伯から
高知県の宿毛(すくも)までフェリーが出ていた!
というわけで素晴らしい夏休み計画を打ちたてたのでした。

大分戦が終わって佐伯に向かったところで前回のエントリーは終了。
今回は佐伯から始まります。

フェリーが出ているといっても、出航時間がこれまた問題。
あんまり乗り継ぎが悪いと遊ぶ時間が減っちゃうし。。。
と思って事前に調べていたら、なんと夜中の3時に便があるじゃないですか!!
正直、これはオレに来いって言ってるんだな。と思いました。

しかし駅の周りはまっくらだし、タクシー運ちゃんには怪訝な目で見られるし
港まで歩くにはちょっと不安な距離だったし、港も、フェリーの待合室も真っ暗で
ちょっと不安になりつつも。。。大丈夫。夜中の3時に船はやってきました。

「眠い。。。」

宿毛まで3時間でしたが爆睡であっというま。
つーか昨日も深夜バスで熟睡できてないので睡眠時間が足りない。。。

チェブくんもぼーっとしてます。

宿毛からバスとタクシーを乗り継ぎ鹿島への船渡しが出ているところまできました。

「いよいよ鹿島に行けるんだね!ワクワク♪」

「あれが鹿島かー!!」

早速キャンプ場に行き、まずは荷解きします。
海沿いで芝生のキャンプ場。ロケーションは完璧です!
自分のほかには家族が1組だけで、その家族はちょうど撤収するところでした。
これでキャンプ場独り占め!!

このキャンプ場の水場は井戸!(炊事場の水は飲料水じゃないとのこと)
なかなか風流じゃないですか~
チェブくん水出してみてー
「うんしょ、うんしょ」

今回の食料はこんな感じ~ちょい少なめだったな。。。

と、キャンプの準備をしてから遊びに行こうかと思ったら
雲行きが段々怪しくなってきて、しまいには大粒の雨が。。。
ガッデム!!
まあ海に入れば濡れるから変わんないけどさー
なんかねーモチベーションがねー

ということで屋根のあるところで一休み。。。

昼過ぎに雨は止んだものの、空はどんよりとしたまま。。。
しかし何をしに俺はここに来たんだ!!と自分に言い聞かせつつ
コーラルビーチという名の付いたスポットへ出陣しました。
やはり曇り空だと海もどんよりして見えます。。。

でも誰もいないから貸切だ!!
と海に入ると目に入ったのがクラゲ!クラゲ!クラゲ!
大量とまでは行かないですが、視界に必ず1匹ぐらいのクラゲが。。。
一瞬で海を出ました。。。

クラゲだけはちょっとなーと思いつつも
「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ」
と自分に言い聞かせて再度海へ。
よし!!大丈夫だ!このクラゲは刺さないクラゲだ!
と自分に言い聞かせながら。。。

でも本当にほとんど刺されなかった。
そして海はほんとうにサンゴがあって魚がたーくさんいて楽しかった!!

ソラスズメダイはもちろん、イシダイ、ちいさいイカ、でっかいブダイなど
その他もろもろ(名前が分からない)の魚たちがいっぱい。


クマノミくんもいっぱいいたよ。

ボラの大群!!

このボラの大群は自分の周りを回遊するかのごとく泳いでました。
その動画がこちら

透明度はそれほどではなかったものの、とにかく魚の多さは良かったな~
でもやっぱり快晴の空の下で素潜りしたいなー

という感じで2日目のその1終了。
写真が多くて2日目はその2もあるのだが。。。
編集が間に合わない。。。
にしてもどうして自分はこんなにボクヲミテミテくんなのだろうか。。。
まあいいや。その2は夕飯編です。

投稿者 muraminex
| コメント (3) | トラックバック

2008年08月11日

チェブくん、ソニックで大分へ

夏休み一人旅1日目。
まずはナビスコ杯準々決勝第2戦を応援すべく大分へ。
当初の予定では小倉まで深夜バスの予定だったのだが
満員だったため急遽広島まで深夜バス。
それ以降電車で小倉を経由して大分までの道中となった。
20080806_01.JPG


途中の駅で。。。
「まだこんな新幹線が!!」

小倉でちょっとお昼タイム。
ぷらぷらと街を歩いていると旦過市場なるところが
「なんだか面白そうな匂いがするぞ。。。」

海が近いので新鮮な魚たちが並ぶ中
なにやらオレのアンテナに引っ掛かるお店が。。。
「うどん屋さんだね?」

店先には美味しそうなおでんが。。。
「真昼間からおでん?」

よし!とこの店に決定し、まずはおでんから
「オススメはロールキャベツだって。。。」

うん!ちゃんと味はしみつつもすっきりした美味しさ!!
さてうどんも頂きますか。
「ふぐ天うどんだよー」

ちょっと食べ過ぎた。。。満腹満腹。。。

さて小倉からはJR九州の特急ソニック号に乗り込みます。
「銀河鉄道999さながらのメカっぽい電車だよ」

「ドアも宇宙船みたいでカックイイ」

「ブラインドもなんだかオサレデス」

やっぱり旅の移動時間は読書ですね。。。

「そろそろ大分だよ~」

大分に着きました。今回はキャンプ道具とシュノーケリング道具を持ってきたので
荷物はこんな感じです。ザックの横に足ヒレがジャストで収まりました。

「あれ九州石油って新日本石油になったんじゃないの。。。」

ネーミングライツどうなるんですかね??

「でっかい荷物しょってきたmuraさんにご褒美のカキ氷です♪」

うまい。。。

「あとスタジアムで買った鳥天と鶏飯おにぎり!」

半分は夜食に残しました。。。

「なんかカワイイ。。。」

ちょーかわいこぶってるニータン。転ばしてやりたい。。。

この日は2点差以上での勝利が必要だったのだが。。。
とにかく最後の最後まで声を出した。
京都のときみたいに本当に最後のプレーで決めることだってできるんだから。
あと1点入れれば望みが延長戦へ続く。
とにかくオレに出来るのは声を出すことだ。
選手を奮い立たせろ、相手をビビらせろ。
0.00000001%でもいいから、なにかしら良い方向に影響させることができれば。。。

しかしながら最後の1点が遠く、そのままナビスコ敗退。
正直それほど悔しさは無かった。
本当の目的地が今シーズンはあるからだ。
「自分たちのサッカーの確立」
久々にその目的地への前進が見られる内容だったからかもしれない。
ちょっと感傷的かもしれないけどさ。

さて、次の名古屋戦までしばしの夏休みを頂くため
大分からJR日豊本線を南下し佐伯しに向かう。
なんだかんだいいながら、やっぱり悔しいからビールを煽るmuraminexなのでした。。。

さて明日は佐伯からフェリーで高知の宿毛へ。
そこから愛媛にいき、珊瑚があるという鹿島へ向かいます。

投稿者 muraminex
| コメント (3) | トラックバック

阿佐ヶ谷七夕祭りにチェブくん!!

恒例の阿佐ヶ谷七夕祭りの最終日に行ってきました。
本当は毎年東京の選手のはりぼて飾りが目当てだったのですが・・・

「わっ!!僕がいるよ!!」
20080810_01.JPG

ということで巨大なチェブくんが!!
ちょっと嬉しくなってしまいました。

あれ。。。その後ろにあるのはもしかして。。。

「ハニューさん!?キタロー!?」

ちゃんと今年のユニになってるね~


さて昨日までの夏休みネタ(大分戦、愛媛の海遊び、名古屋戦)は
少しずつアップしていきますーお楽しみにー♪

投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

2008年08月05日

チェブくん、富士山へ行く

「てっぺん獲ったるわぁ」
とチェブくんが言い出したので富士山に行きました。
20080302_06.JPG

今回の行程は御殿場から最終のバス(7:25)で須走口五合目まで行き、
徹夜で登り、御来光、登頂、下山という予定でした。

「さあ登るよ!」

途中は真っ暗なので写真なし。
とにかく星が綺麗。流れ星も見れた♪


本6合目(2700M)にして。。。
「パンの袋がパンパン!!」

気圧恐るべし。

程よく休憩しながら、とにかくマイペースで登り続けた。
しかし八合目を過ぎると、須走口と吉田口の登山道が合流するため大渋滞。
山頂での御来光を諦めて、途中の御来光館のすぐ上のところで御来光を待つ。

「空の色が変わり始めた。。。」

「あとちょっと。。。」

「見えた!」

「ウ~ラァ~!!」

自分の写真では表わせれないスケール感と鮮烈さ。
これだけでも富士山には価値がある。(のだけれども。。。)

御来光をたっぷりと楽しんだあとは、いざ山頂へ。
「でも、まだ渋滞してる!」

ここからは正真正銘の大渋滞。
ほぼ牛歩。2、3歩あるいてとまる。の繰り返し。
これは登山じゃない。。。
途中30分ほどの仮眠しながらも

「なんとか九合目へ。」

「山頂は見えてるというのにこの渋滞。。。」

「やっとこさ山頂の鳥居が。。。はぁはぁ」

「もう少し。。。はぁはぁ」

「はぁはぁ。。。」

「やった山頂だ!リュックの中は快適だったよ!」

「あれ。。。ここどこ?」

muraminex「。。。」

気を取り直して東京マフラーで記念撮影。

山頂なのになぜか東京屋。

「お鉢って結構険しいとこなんだね!」

「それじゃ、帰りもよろしくねmuraさん!」

この後は疲労困憊のため写真は無し。
登りはなんとかなりましたが、下りは完全にグロッキー。
「下らなきゃ帰れない」
ということだけでなんとか下山できました。
しかし若い頃ってのは何もしなかったのに何であんなに体力があったのだろう。。。
なんて思ってしまうほどヤラレテしまいました。。。

そうそう、下りでは見知らぬ東京サポの二人組みと言葉を交わしました。
(東京マフラーは俺たちの共通言語)
我々はなんとか無事に帰ってこれました。また今度はどこかのスタジアムで♪

それにしても渋滞は酷かった。。。
自分もその渋滞を作ってる一人なんだよな。。。
可能な人は是非とも土日での富士登山を避けたほうがよいです。
金土、日月でもだいぶ違うと思うよ。

あと気になったのは落石を気にしないで登山道の端っこを歩いてる人たち。
富士山の登山道はガラガラと落石しやすいので端っこを歩くときは注意して
歩くと良いですよ~

富士山を登ろうと思ってる方は下記のサイトなどを是非是非参考に。。。。

富士登山に行こう!
http://fuji.yamaiko.com/

あっぱれ!富士登山
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/


あ、全然関係ないけどFC東京ユースがクラブユース選手権優勝!!
おめでとうございます!!

投稿者 muraminex
| コメント (4) | トラックバック

2008年08月01日

クラブオリンピアとアマラオ

「パラグアイの首都チームとのプレシーズンマッチです。。。」
20080731_01.JPG

眠らない街も、シャーもやってたけど
オレは大分戦まではとっておくんだ。
大分で絶対やってやるんだ。

「今日はアマラオの日だって」

「アマラオお気に入りのブラジル料理。ちょっとしょっぱいけど美味しかったよ」

来週は水曜から夏休みの予定です。
大分(サッカー)→愛媛(海)→名古屋(サッカー)
と海遊びをはさんでサッカー遠征のはしごです。
詰め込みすぎた感満載ですが、楽しんできます!!

投稿者 muraminex
| コメント (4) | トラックバック