« 夏休み2日目。愛媛県愛南町の鹿島へ(その1) | メイン | 浦和戦 »

2008年08月15日

夏休み2日目。愛媛県愛南町の鹿島へ(その2)

さてこの鹿島、昼間は管理人や食堂のおばちゃんがいるものの
夜は無人島になるという。
つーことで夕飯は必然的に自炊になるわけで、
夜は簡単レトルトカレープラスアルファを作りました。
その模様をお送りいたします。
20080807_24.JPG

まずはテントの幕営。

ICI石井オリジナルのゴアライト。2本のポールを組み立ててテンションを掛けるだけ♪

「じゃあまず茄子を切ってください!」

チェブくんに指示され黙々とナスを切ります。

「切れた?じゃあ次はナスを炒めます」

「ナス良く焼けたー」

「次はしめじだよ」

「最後にナスとしめじをあわせるんだよ」

カレーとごはんはレトルトを暖めます。

で炒めた野菜とレトルトカレーを合わせると。。。

「なるほどレトルトカレーもこうすれば立派な夕食だ!」

知らない土地で一人っきりで食事をするってのは
それだけでなんかソワソワするくらい楽しくなってくる。
とっても快感だ。


「夕方になると鬱蒼とした森から野生の猿たちが騒ぎ出してきます。。。」

とりあえず音を出したりして威嚇しておく。

食後、ふとテントを見るとフナ虫が脱皮していやがった。

ちなみにこの日はマイハッピーバースデー。
無人島で誕生日の夜を迎えるなんて素敵じゃないか。

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/136

コメント

うん。ステキステキ→♪ハッピーバースディー♪←フナ虫君!!!

 

投稿者 WW : 2008年08月15日 12:42

Happy Birthday to You, mura!

父上&姉上にはちょっとだけ関わりましたし、
ネット上で知り得た母上も兄上も外向的で素敵なご家族ですねえ。

あの親父さんが育んだ「雰囲気」なのだろうなあ、と羨んでいます。
おいらにはとても敵わぬモダンな親父さんだ。

一度だけでも、一緒に飲みたいもんだ!

投稿者 TKラプソディ : 2008年08月15日 19:56

>WWさん

サンクスー

>TKさん

まあ身内からしてみれば、「変人」の一言ですけどね。。。

>一度だけでも、一緒に飲みたいもんだ!

いいですねー!面白そうです。それ。
是非ともどこかのアウェーで実現しましょう。

投稿者 muraminex : 2008年08月16日 09:57

prolonged tally you've get hands on

投稿者 Abraham Kindler : 2010年12月13日 16:53