« 夏休み2日目。愛媛県愛南町の鹿島へ(その2) | メイン | 鹿島の2日目。高松のおっちゃんと知り合う。 »

2008年08月17日

浦和戦

夏休みのレポートも、名古屋戦のレポートも間に合わないまま浦和戦に突入でした。
20080816_01.JPG

この日はsilkさんを車椅子席での観戦にご招待。
事前の東京のHPから申し込みをしたら、担当者の方からメールで連絡が来て
添付の申込書の記入して、障害者手帳のコピーを添付(初回のみ)してFAXするとのこと。
手続きがすむと郵送で車椅子席の案内と駐車券が送られてきました。
駐車場はスタジアム内にもありますが、今回は申し込みが多かったらしく
外の西駐車場になりましたが、特に問題はありませんでした。

「まずは車の出入り口からスタジアムへ入っていきます。」

スタジアム駐車場のところに受付があり、
受付を済ますと係員の方が一人付いてきてくれて案内してくれます。
あたりまえですが入場ゲートなどは無く、普通の扉から建物内部へ。。。

「これが味スタの内部なんだね!」

「このスロープの先が客席かな?」

「なるほど!ピッチは少し掘り下げてあるから、
高低差があんまりなく入場することが出来るんだねー」

受付すましてからものの1分ぐらいですんなり入場。
まあ普通のことなのかもしれないけど、いつもと違う入場のしかたでなんか楽しい♪

「広々としてますね」

「ベンチの監督・選手もよく見えそうですね」

「ゴール裏はこんな感じで見えるんだね」

ちなみにこの席だと雨はアウト。
どうするのかと思ったら屋根のあるところにも席があって、
そこへ誘導してくれるとのこと。ふむふむ。
あと付き添いの人にはパイプ椅子を貸してくれます。

申し込みから、観戦、そして終了後もすべてスムーズにいきました。
関係者各位に感謝です。ありがとうございました。


さて試合ですが。。。悔しいの一言。。。
どうして勝てないのか。それは監督・選手に任せます。
自分は勝利に喜ぶ浦和の連中を、唇をかみ締めながら見つめていました。
自分たちのホームではしゃがれる屈辱。
この悔しさは次の試合の応援、そして勝利でしか返せないんだ。
と自分に言い聞かせながら。。。
そして、いつか優勝するときには浦和に完全勝利して優勝したいな。
なんて思った。

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/137

コメント

muraminexさんはじめスタッフみなさまのおかげさまをもちまして、障害者ともどもホームの観戦が実現できて感謝感激です。

正面中央に近くグランドにも絶好の位置。空を仰ぎ見るとこれがまた絶景。当日の積乱雲がもくもくと実に美しかったですよ。スコールで落とされた空気が透明だったこともあるのでしょう。それにこの位置からはスタジアムのサークルデザインが楕円でよくマッチしていた。まるでルネッサンスの天井画のごとき構図でしたね。しまった、写真撮り忘れるほど♪

それにしても試合前に相手選手をブーイングするってーのはどうなんですかね。ま、ジョークなんだと思いますけど。

点、入れられた瞬間に、おいらは顔を背け後ろ向きになっちゃって。そのときスタジオ全部の東京サポの真顔をまじまじ見てしまった。ほとんどのその顔は、汚物を覗いてしまったときのなんとも嫌な表情をしていたのが印象的。

感謝をこめていつかは勝利の美酒で乾杯したいですね!!!

投稿者 WW : 2008年08月18日 10:52

ほんとなかなか良い対応だったね。
ちょっと安心しました。

試合前のブーイングは、まあお約束事みたいなもんかな。
オレはめんどくさいからあんましないけどね。
恨みがあって憎い選手ならともかく、
代表級の選手にブーイングなんて
「あなたが怖いです」
って言ってるようなもんだからねぇ。

ちなみに我が家族が「浦和が応援しはじめた途端に
メシが不味くなった」
と感じたのが面白かったよ。
まったく同意で、ああいう応援はどうも肌に合わない。

投稿者 muraminex : 2008年08月19日 01:27

This weblog appears to recieve a large ammount of visitors. How do you promote it? It offers a nice unique spin on things. I guess having something useful or substantial to post about is the most important thing.

投稿者 Julio Pichler : 2010年12月13日 16:01