« 浦和戦 | メイン | 須の川の珊瑚と猫のいるキャンプ場 »

2008年08月18日

鹿島の2日目。高松のおっちゃんと知り合う。

さて本当のロンリーナイトは終わりを告げ、新しい朝がやってきた。

「とりあえず雨は上がりました」
20080808_00.JPG

この日、朝の船でやってきたおっちゃんと仲良くなって一緒にシュノーケリングすることにした。

このおっちゃんは去年定年で、それからシュノーケリングを始めたとか。
その前もパラグライダーとかチャリンコとかボートとか、とにかくアクティブ。

どうやら船渡しのある港の宿に泊まっているらしく
そこの親父にこのキャンプ場の前あたりも面白いと聞いてきたそうな。

キャンプ場の前からエントリーすると、珊瑚は無かったものの魚はいっぱいいました。
「ブダイが悠々と泳いでいます。」

「エイの3兄弟!?」

※3匹目は右下にちょこっと。。。

「獲物を狙う(?)ウツボ。。。」

「一面の小さな雑魚たち」

「ハリセンボンかな?」

ちなみにキャンプ場の前は潮の流れがきつく、
フィンで普通にキックしてやっと同じ場所をキープできるぐらい。
前に進むのには一苦労なほどでした。。。
一人でやってたらたぶんすぐ上がってたな。。。


一度上がって今度はおっちゃんと別れて、再度コーラルビーチへ。
この日は少し晴れたお陰か数人遊んでいる人たちがいました。

「珊瑚の上にはキンギョハナダイたちが踊っています」

「昨日より透明度が高いかな?珊瑚が綺麗に撮れました」

「頑張って大きくなれよ。。。」

「ハナミノカサゴ!!一瞬びびりました。確か毒持ってた気が。。。」

こんな感じで鹿島を堪能。本当は夕方まで遊んでから須の川というところ
(須の川にも実は珊瑚があるとか)に行ってキャンプする予定だったのだが
なんか「鹿島は大体わかった!」と勝手に判断したので、
急遽早めに鹿島を後にしたのでした。

「また機会があれば来たいな。。。晴れるときに。。。」

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/138

コメント

This blog seems to recieve a good ammount of visitors. How do you get traffic to it? It offers a nice unique twist on things. I guess having something real or substantial to say is the most important thing.

投稿者 Lakita Dustman : 2010年12月13日 20:02