« りんごとチェブくん | メイン | 赤い花 »

2008年11月05日

天皇杯の季節。vsベガルタ仙台。

今年もそんな時期なんですね~
20081005_01.JPG

しかし仙台が歌う「カントリーロード」を聞くと
戦術君を思い出してちょっとしんみりするね。
http://www.g-7.ne.jp/~mpeda/sen/senz.swf
ネットでしか知らないけれど、
こういう話を聞いて、応援つーものを色々考えてしまう。

そういえば仙台戦は主催がJFAのため、席割りなどがいつもと違っていたためか
試合中にワーワーとアレがダメ、コレがダメ、だからダメ、なんでXXしないんだよー!!
とデカイ声で喚いている人がいつもよりいっぱいいてビックリした。
別に人がどんな応援しようが自由なわけだが、
その応援を聞いて自分は非常に不快だった。
言っていることが正しいとか間違っているとかではなくて
「君の講釈なんて聞きたくねーよ。内輪だけで聞こえる声でやってくれ」
という気持ちがメイン。そのほかもろもろの感情が相まっての不快だった。
そんとき気になってのは、たとえば初めてスタジアムに来た人が
そういう人の周りにいたらどう思うんだろう?ってこと。
おそらくマイナス要因にしかならないだろう。

でもって、それは自分にも当てはめて考えなきゃいけない。
果たして自分は東京にとって、他人にとってマイナス要素になってはいやしないか??
自意識過剰な自分はそんなことを応援中にも考えてしまうことが多々ある。
ちなみにブログを書くときも考えすぎてしまうきらいがある。
そんなこんなでいつも支離滅裂な考えが頭の中で渦まいて
で結局どうしたいのよ?ってのは良く分からなくて
まあ時々客観的に自分を見つつも、楽しんで(時には苦しんで)
(自分や仲間を含む)東京が成長してくれるように頑張るだけなわけです。

ああ、やっぱり支離滅裂。

つーことで天皇杯4回戦突破。
5回戦の新潟戦@鳥取はお休みします。ちくしょー!!

(ちょっと追記)
なんか天皇杯の応援について色々あるようですね。
自分は試合中の「宮沢コール」だってありかなー。
(ちなみに自分は試合前と後の宮沢コールしか声は出してませんが)
周りでも「真剣勝負中になにやってんだ!」って声があったんだけど
真剣勝負中にも「笑い」を入れてきたのは今までだってあったし
自分はそれを楽しんでいたので。
俺は宮沢を鼓舞するためのコールには思えなかったし
ただ単に「久しぶり~元気~?」って感じだったとおもうんだが、それでもダメかなぁ?
宮沢コールよりも普段より全然歌ってなかった、全体的にゆるかったてのはあるけど
そもそも自分も例えば鹿島戦のときと同じ気合が入っていたか?といわれればNOだし
応援がゆるくなった原因に自分自身が(0.0001%ぐらいだとしても)関わっていることに
まずは自分自身を何とかしないとなって思うのが先かな。
自分はそうだけど多数の人がマイナスを感じているっつーのは事実なんで
そこらへんは色々と方向性やら、時と場合やら考える必要があるっつーことだとは思います。
こんな風にみんなでどんどん自分の意見を表明したり
スタジアムで実際に行動(声出すとか出さないとか)をすることが大事かと。


なんかグダグダ書いちゃったので最後にお口直し。
「ナイルレストランのムルギランチだよ!」

週末久々に銀ブラ(?)したので、久々のナイルレストラン♪

ちなみに流行っているらしいH&Mとやらに行ってみましたが、
何でみんな騒ぐのかまったくわかりませんでした。

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/159