« 2009年07月 | メイン | 2009年09月 »

2009年08月31日

大朝日岳(2日目)@山形戦⇒鹿島戦

前日からガスっていた山頂小屋ですが、翌日の夜明け前もガスってた。
「まさに五里霧中だね。。。」
20090821_01.JPG

つーことで日の出は諦めて、さっさと下山することにしました。


道標がなく先も見えないのですが、こっちでいいのかな?
「むらさんに任せた!」

「ちょっとだけ先が見えてきたよ!あの奥が小朝日岳かな?」

ここらへんから雨、風が強くなったりしてきました。
まさにWhen you walk through a storm Hold your head up highって感じで前に進みます。

「小朝日岳が近づいてきました」

「ちょっとだけ登るけど、昨日あれだけ辛い登りをやったから楽勝だよね!」

「あっさりと小朝日岳のピークです。が、なーんも見えません」

「さあこの稜線をガツガツ行くよ!」

「滑落しないように気をつけて。。。」

「鳥原山の展望台です。でもピークはここじゃないんだよね」

「僕らが来たところはまた雲の中だね。。。」

鳥原山のピークはひっそりとこんな感じで
「なんかさびしいね」

鳥原山のピークから鳥原小屋の間には湿原があります。
「東北の山は稜線に湿原があるんだね~」

「どっちいくの?」

右に行きます。
左に行ったら帰れないよ!

「風が強いよ!飛ばされそう!」

「少し下ったら沢に出ました。」

「道標がひしゃげちゃってるYO!」

朝日鉱泉までどれくらいなんだ???

「標高も1000mを切りました。だいぶ下ってきたね」

いい感じの森の中。雨の山も実は雰囲気があって好きです。

カメラ曇っちゃった。。。

今回の山行では初めてストックを使用しました。

このブラックダイヤモンドのストックはLEKIなどと違って、
長さを固定するのにまわして締めるのではなく、
カメラの三脚のようにレバーを開閉して締めるので素早く長さ調整ができます。
実際に使ってみてもなかなかいい感じでした。
これからの山行の心強い味方になりそうです♪

なんか変な植物が生えてたのでパチリ。植物なのにプラスチックみたいな感じだった。

「もうちょいだけど油断しないでね~」

ここまで下ってくるとだいぶ余裕も出てきて
チェブくん写真の撮影などに時間がかけることができてきます。

ちょっとミロの版画のような構図を意識して。。。

苔むした木に住むチェブくんの図。

苔を観察するチェブくん。

さて大朝日岳登山も終わりに近づきました。
「昨日最初にあった分岐点のところまできたよ」

「昨日と同じ道だけど、何かが違う気がする。。。」

それは山の雰囲気なのだろうか、それとも自分なのだろうか。。。

最後に吊り橋。やっぱり苦手です。

車に戻ってきてパチリ。お疲れ様。俺。

最後にナチュラリストの家にてお風呂に入ります。
ちっちゃいけどいい味の出たお風呂でした。

ここは温泉じゃなくて鉱泉。ま温度の低い温泉なんですけどね。
「いい湯です♪」

ってな感じで無事に大朝日岳を制覇!
久々の一人山行。最初はちょっと不安だったけど、やっぱり面白い。
山との戦い。自分との戦い。よい修行になりました。

さて次はどこの百名山で東京マフラーを掲げようかな?

投稿者 muraminex
| トラックバック

課題はやっぱりメンタルじゃね?@大分戦

先制するまでは微妙な試合でした。
「んでもって米本もゴラッソォ!!」
20090829_01.JPG


やっと8月初勝利ですか。
もっと勝ち点を積み上げていれば。。。
というのは言ってもしょうがない。(言っちゃったけど)

まずはナビスコ。そしてリーグも。
とにかく勝ちたいんだ。勝ち続ければ見えてくる景色があるんだよ。


この日は飯は京王デパートで仕入れたお弁当。
「怪我から復帰したナオにちなんで”肉の石川”のステーキ丼です。」

「神奈川の牛肉なんだって~美味しかったよ!」

投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

2009年08月29日

大朝日岳(1日目)@山形戦⇒鹿島戦

山形戦の翌日に山形にある朝日連峰にある大朝日岳に登ってきました。
20090820_34.JPG

懐深くドンと構えたその堂々とした姿に男たるものこうではなくては!
と思わせる良い山でした。そして非常に辛かった。。。

夜のうちにレンタカーを飛ばし朝日鉱泉というところまで。
そこで仮眠をとったのちに出発です。
「車の中でも眠れた?」

登山口には「ナチュラリストの家」という施設がありました。
「帰りはここでお風呂に入る予定です♪」

「ナチュラリストの家」の裏手から(たぶん)大朝日岳が見えます。
「遠いねー!大丈夫?」

んで、まずは(自分にとっては)最初の難関。吊り橋です。。。
「わっ!吊り橋は苦手なんだよ!」

「なんか隙間が多くて。。。怖い。。。」

山の上とか大丈夫なくせして、こういうところは高所恐怖症なんです。。。

登り始めてすぐに湧水「弘法水」がありました。
「お水美味しい。。。」

「最初のうちはこんな感じでなだらかな道が続くよ。。。」

最初の分岐点。右に行くと稜線に出てから大朝日岳へ。
左に行くと沢沿いを進んでから大朝日岳へ。
「どっちにするの?」

今回は沢沿いに進んでいこうかと思ってます。

こちらの道では大きな沢に流れ込む小さな沢がいくつもあり、
この山の水の豊富さを改めて実感します。

「どんどん流れてくるよ」

まだまだなだらかな良い道を進みます。

「また小さな流れがありました。」

「こっちにもあったよ。」

「また吊り橋!!」

少し慣れて写真をとる余裕が出ました。。。

そうそう、キノコもいっぱいありました。これはなんだろね?

今回はできるだけ軽装備にするため食事はできるだけ簡素にしてみました。
つーわけでパワーバーなるものを始めて用意してみたのだけれど。。。

「はやく食べてみてよ!」

あまり食欲を促す形状ではありませんね。。。


食感は。。。微妙。。。
味も。。。微妙。。。
効率はいいかもしれないけど、ちょっと。。。
って感じでしたね。

飯はっちゃっちゃと済ませてドンドン進みます。すると。。。

「また吊り橋。。。」

もうだいぶ慣れました♪(でもかなりビビリながらですけどね)

チェブくんと一緒に写真を撮る余裕も出たよ。
「わ、わ、わ、落とさないでね!」

もういくら吊り橋が現れたって大丈夫だぜ!
ここらへんまでは非常に快適な山道ですね。

「またまたキノコ!でっかいイグチだ!」

「奥に入っても沢の水は豊富です。」

この朝日川はあの最上川の上流になってるんだね。

「さて、そろそろ沢沿いの道は終わりです。こっから本番!一気に稜線でるよ!」

「まずは2合目標高660m」

「200m上がって3合目850m」

「また200上がって4合目1060m」

ここらへんで結構バテバテ。水も結構消費してきたところで
うまい具合に水場があります。
藪の中をちょっと下っていくと。。。

「なんか素敵な場所だね」

「こんなところからコンコンと水が湧き出てるんだね!」

んでもってこの湧水がとにかく美味い!!!!
バテバテだったのもあるだろうし、汗をかいたからもあるだろうけど
もーむちゃくちゃ美味い!まさに「長命水」!!
ありがとう「長命水」!!

と「長命水」で復活したところでガンガン行きます!

「やっと半分?」

「まだまだ登るの!」

「あっちが帰りにあるく稜線ですね」

「がんばれがんばれ!」

ここまで大朝日岳の姿は全然見えなかったのですが
6合目を超えたところでついにその姿を現わしました!

「ドンと構えてるね♪」

「だいぶ上がってきたよ。」

「標高が上がり、まわりは這松になってきました。」

「ほんとあとひと踏ん張り!」

「山頂までのルートが見えてきたね」

「稜線の裏側がお花畑になっていました」

さあ山頂まであともう少し!
体力はギリギリ。キツイ。昨日のことなんか全く忘れてしまった。
とにかく登れ、登れ、一歩一歩あるけば必ず山頂に着く。
とにかく前へ!!
そして。。。

「やってまいりました!山頂です!」

東京マフラーでパチリ♪

残念ながら山頂に着いた時にはあたり一面はガスに覆われてしまいました。
天気が良ければ佐渡島まで見えるようだったので残念ですが
山頂までの道のりで景色は堪能したので大丈夫!

山頂から10分ほど下ったところに避難小屋があります。
「ここが避難小屋だよ。冬季に雪がつもった時用の入口があるのが面白いね」

ここは管理人が常駐しており、1泊1500円の使用料が必要です。

「小屋の中(2階)はこんな感じです。」


「まずは自分の寝床を設置しました!」

「小屋で記念のバッジを購入♪赤いベルがかわいいね。」

「水場は小屋から10分ちょっと下ったところにあるよ。奥に雪渓が見えるね」

「ここが水場。金玉水です!冷たくて美味しい!!」

「水場の周りは湿原になっていました。なんだか心地よいね。」

「今日の夕飯は袋のままで作れるパスタと、味噌汁、チーズです!」

コンビニで買った日本酒”銀嶺月山”。疲れた体に染みるわぁ~
「瓶重くなかった?」

「そういえば今回、地図を忘れてきちゃったんだよね。帰り道をよく見ておいてね!」

「お茶とお酒でまったりしながら1日のことをメモメモ」

前日、月山へ向かう前の鶴岡駅で話をしたヤマノボラーの方ですが
この後、同じ小屋にやってまいりました。「やっぱりお会いしましたね♪」
ってな感じでお話したら、なんか凄い人でした。
朝日連峰の前には妙高やら飯豊山脈やらをやってきてるとか。
本物のヤマノボラーだ!!
もっとお話を聞きたかったのですが、
あまりに疲れていたのでいつの間にか寝てしまいました。。。
気づいた時には真っ暗。残念。。。

さて明日は下山ですが、怪我しないよう頑張りましょう!

投稿者 muraminex
| コメント (4) | トラックバック

2009年08月27日

もうあまり覚えていない@山形戦

月山ハイクのあと、山形からレンタカーで天童のNDスタに向かったが
スタジアムの駐車場渋滞にはまりキックオフ15分後ぐらいに到着。
20090819_23.JPG

ゴールを見逃してはたまらんと思うことは杞憂に終わり
それは試合後でも同じだった。はは。


なんかとても悔しく疲れる試合だった気がするのだが
次の日からの朝日連峰がきつかったので山形戦のことはあまり覚えていない。

試合後、山形の有名店「花膳」に向かうも満員で入れず。
姉妹店とやらに連れてかれたら、そこには偶然友人がいたりして
山形の夜を少しだけ楽しくしてくれた。

「やっぱり茶豆を食べなきゃね」

「岩牡蠣はとてもミルキーで旨かった!!」

「牛がないということで馬肉を頂きました♪」

「鶏肉もうまい」

「三元豚のしゃぶしゃぶサラダ」

「牛はメニューになかったが、食材が届いたとのことなのでたたきにしてもらいました♪」

さあ、夏休みが始まった。気を取り直して、また山に向かおう。

投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

2009年08月26日

月山@山形戦

今年の夏休みはアウェー山形戦と鹿島戦をハシゴしながら
百名山をいくつかやっつけてしまう計画を実行しました。

まずは遠征初日、山形戦のある日に月山へ!
20090819_14.JPG

まずは火曜の夜に深夜バスで新宿から鶴岡まで出てきました。
本当はここからバスでアクセスしたいところでしたが
うまく時間が合わない&夜の試合に間に合わせるためにも
タクシーで月山八合目まで向かいます。

ただタクシーだと結構お金が掛ってしまうので鶴岡の駅で
月山に行きそうなヤマノボラーをナンパしてみた。
が、どうやら月山ではなく朝日連峰に向かう人だったために断念。
自分も翌日から朝日連峰に入る予定だったので、
もしかしたら会えますねなんて会話をして別れた。

結局我々だけでタクシーに乗ったのですが、タクシーの運ちゃんがこれまたいい人で。
モンテディオのこともよく知っており、東京も状態もよくご存じでサッカー話をしたり
おまけに途中でメーターを止めてサービスまでしてくれました。
本当にありがとうございました!

んな感じで我々は月山八合目に到着。しかしながら雨がシトシトと。。。。
でもここまで来たら登らずにいらりょうか!というわけで出発です。

「月山八合目には湿原があって小一時間でまわれる観光スポットなんだって。。。」

「こんな感じで湿原の中の道をあるきます。雨もすぐ上がりました。」

「でも僕らは湿原のルートから外れて月山に向かうよ!」

「少しのぼったところから見た湿原。もうちょっと早いとお花がいっぱい咲いてたのかな?}

「月山はとても柔らかいイメージの山です。残雪も少しありました」

「仏生池小屋が見えてきました」

「これが仏生池です」

「また少しガスが出てきちゃった。。。」

「石畳にしてあるところもあるんだね」

「山頂らしき所が見えてきました。あともうちょいかな?」

「無事に山頂到着。山頂は神社になっています。」

山頂に入るには500円払ってお祓いしてもらわなくてはいけません。
あくまで霊山なんですね。

「お祓いしてもらってもらえるお守りと、購入したピンバッジです」

「山頂の神社は撮影禁止なので、山頂小屋のところで記念撮影」

さて山頂でゆっくりしたいところですが、この後に山形戦が待っています。
早く下りてバスに乗らないと!

「下りの稜線がガスで見えないよ。。。」

と思ってたら

「ガスが晴れて良い眺めに!」

「なかなか素晴らしい風景の中、軽快に下ります♪」

まだこの後に起こることも知らずに。。。

「途中にニッコウキスゲが群生していました」

「とっても立派なお花です!」

「最後はリフトで下るんだよね!」

「お疲れ様でした。バスの時間には楽勝で間に合うよ!」


そう、時間には楽勝で間に合うハズだった。。。

「バス少ないね。でももうすぐ来るよ。」

そう、この町営バスは時間通りに来たのだが、山形への高速バスへ乗り継ごうと思ったら。。。

バスが来ない!!!

な、なんとバスが途中で故障したとか!
代わりのバスが山形を出発したということだが遅れは1時間以上。
試合に間に合わねぇ!!!
つーことでバス会社にタクシーを読んでもらい山形へ。
(もちろんタクシー代はバス運賃分だけ負担して、あとはバス会社持ち)
結局1時間ちょっと遅れて山形到着。
予約していたレンタカーを借りてスタジアムへ向かいました。

とまあ最後はドタバタした月山登山でしたがちょうど良いハイキング。
眺めもよかったしお勧めです。アクセスが悪いのだけは仕方ないですけどね。

さて次はどの百名山で東京マフラーを掲げようかな?

投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

2009年08月18日

ありがとう

先日無事に36歳を迎えたmuraminexです。
嬉しいことに素敵な誕生日パーティーをして頂きました。
「かわいいケーキでしょ!」
20090813_01.JPG

この日はなんといっても豪華なディナー♪
そのすべてをご紹介いたしましょう。

「サーモンを食べると熊の気持ちになるんだ」

「オリーブ&アンチョビ~ちょっと大人の味♪」

「アボカドとトマトとモッツァレラチーズのバジルソースがけ!」

「そして大好きなホタテのカルパッチョ」

「これまた大好物の特製エビマヨ!でけぇ~!!」

「メインは超旨いチキンのロースト!肉の旨味が違ったぜ!」

「お酒はロゼのスパークリング。飲みやすくてゴクゴク飲んじゃった」

「今日はこんなにいっぱいカロリー摂ってもいいの・・・?」

ってチェブくんに心配されるくらいの品々♪全部美味しく頂きました!!
(っあ!もちろん一晩には食べきれませんでしたよ。翌日までかけて全部頂きました)

「シメはmuraminexバージョンでのケーキです!ハート型でかわいいでしょ。」


とまあ自分は幸せ気分を満喫させていただきました。
ほんとにこんなパーティーをしてくれるなんて嬉しい限りです。
でもこういうときはただ幸せなだけではなく、
いろんなことが感傷的になってしまうときでもあります。

人生良いことも悪いこともいろいろあったし、してきたし、されてきたかもしれない
そんなものを背負いながら人生は前にしか進まないわけであって、
どうやったって過去には戻れない。
俺はどんなことがあったってしっかり前を向いて人生を歩いていくよ。
時々振り返ったり、下向いたり、涙がこぼれないように上を向いたり
そっぽむいたり、変な顔したり、東京に情熱を注いだり、チェブくんの写真撮ったりしながらね。

自分は過去のすべてのことに反省と感謝をしつつ、
そしてこの先どうなっていくのか何がおこるのかなんか全然わかんねーけど
とにかく今の自分が言えること。
それは今こうして感じていることってのは
なにがあろうと変わらないってこと。
未来永劫同じ気持ちを持ち続けるってことではなくて
たとえば未来の自分が違う気持ちになったとしても
たとえば未来の自分にどんなことが起ころうとも
この日の気持ちは変わらないってこと。
今まで感じた気持ちは何一つ変わらないってこと。
あたりまえのことかもしれんけどさ。
それだけは書き残したくてね。

ちょっとしんみりしすぎちゃいましが水曜から夏休み!
山形から鹿島まで。サッカー&山修行の旅に出掛けます。
次回更新は来週以降になります。では♪

投稿者 muraminex
| コメント (4) | トラックバック

2009年08月17日

波勝崎苑のサルと松崎の干物@南伊豆

先週の南伊豆遠征の2日目です。
この日の妻良もやはり渡し船が出なかったため&日焼けで肌が限界だったためもあり
海には入らず観光をして帰りました。

今回観光したのは「波勝崎苑」というオサルの王国です!
20090809_01.JPG

http://www.town.minamiizu.shizuoka.jp/form1.php?pid=209

波勝崎は東日本最大のサルの生息地とのことで、
そこに住む野猿を餌付けしてサルを身近に触れ合えるところです。

「歴代のボス猿たちの写真だってさ」

「こんな感じで餌を求めて群がってきます。動物園の逆。人間が檻の中だね」

「檻越しであればこれくらい近くにサルが!」

「うわっ!威嚇された」

もちろん檻の外でサルを観察することもできます。
(ただし餌付けは檻の中のみ。じゃないと大変なことになる。。。)

屋根のある日蔭では。。。。
「これがサルの蚤取りかぁ~なんか至福のポーズ!」

「なんか迫力のあるやつだね。次期ボス候補かな?」

こいつはご機嫌斜めらしく近づいたら追いかけられました。。。トホホ。

「親子ですね」

「あはっ、吸ってる吸ってる♪」

「子どもたちも元気です!プリチー!」

「ちなみにこの奥の海岸で磯遊びができるのは内緒ね」

「うん、ちょっと気をつけなきゃいけないけど、良い岩場です!」

「みんな来年のための下調べに熱心です。」

波勝崎苑を後にして、今度は松崎でジロさんお勧めの食事処へ。
「民芸茶房というところです!」

店先では干物が置かれています。もちろんお土産に出来るよ。
「はじめてみた。。。」

「なにこの黒いの。。。獣肉っぽい臭いがするよ。。。」

これはなんとイルカの干物だそうです!
なんか見てると食べ尽くしてやりたい気分だぜ。このイルカ野郎ども!ガッデム!

「お店の中はこんな感じです」

「イカのしゃぶしゃぶ。超プリプリ!」

「こちらはイカの照り焼き。ご飯に合います。」

「焼き魚定食はその日にとれた2種類のお魚です。ほくほくしに焼けてて美味しかったよ♪」

ってな感じで海の幸を存分に堪能して帰路に着きました。
その後中部地方の海側で地震などで心配しましたが、あけむら屋さんは大丈夫だったとのこと。
今後も何もないといいですね。そして来年もまたよろしくお願いいたします。

投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

しょっぱい試合@マリノス戦

「メンバー替わると難しい。でも致し方ないよね」
20090817_01.JPG

つーわけで、主力4人が欠けてのリーグ戦再開でした。
内容が駄目でも、ポカーンと1点取って勝ちたかったけどね。

この日は家族を招待しての観戦でした。これで家族観戦したゲームは1勝1敗1分かな?

ファンクラブテントには出場停止の梶山選手。
「ご苦労さまです。次節からまたよろしく!」

この日の夕飯は大好きなまい泉のカツサンド。相変わらず美味しい♪
チェブくん「FC東京カツサンドにしなよ・・・」
俺「っあ。。。。」

んでもって珍しく抽選に当たってFC東京風呂桶をゲットしました!
「やったね!」

リーグ戦再開の試合はっぱとしませんでしたが、次の試合は中二日で山形アウェー戦。
夏休みを取って参戦いたします!


ちなみに試合前日に東京サポの方が行っている「バモ展」に行ってきました!

うん、自分の思いを何らかの形にして表現する&それを魅せるっていうのはスゲー!!
与えられるだけでなく、自分の中からこみあげてくるものは自分なりに表現することが大事だよね!バモ!

投稿者 muraminex
| コメント (3) | トラックバック

2009年08月15日

妻良遠征お食事編@民宿「あけむら屋」

すっかり食べたもの紹介のスタイルが確立されてきた感のある当ブログですが
伊豆でも当然美味しいもの食べてきたぜ!
「ほらほらサザエのお刺身だよ~」
20090808_26.JPG

今回お世話になったのは友人の奥さんのご実家。
民宿「あけむら屋」さんです。

http://park12.wakwak.com/~akemuraya/page005.html

独身男子4人にあてがわれた部屋。
「ザ・民宿って感じだね!」

「夕飯の時間です!いっぱい並びました!」

なんかこうやって大人数の食事が並ぶと高校時代の合宿とか思い出すなぁ~

「わぁ!お刺身すごい!」

この日は金目鯛、アジ、イカでした。


そしてなんと!こちらは友人特別サービスということで
「アワビをお刺身にしちゃいました♪」

キャー!!本当にありがとうございます。
※あくまで友人特別サービスです。通常の宿泊ではたぶん出てきませんのでご了承ください。

TOP画像にあるとおりこちらのサザエのお刺身も友人特別サービス♪
いやぁ~磯の味。最高!

まったくごはんを何杯食べたか分からない。。。
そのあとは友人の新妻をゲストに向かえ宴が始まったわけですが
あまりの満腹幸福に爆睡しておりました。。。

んでもって翌日の朝を迎えたわけですが

「民宿は朝飯もうまいんだよね~」

「これはもしかして。。。昨日の刺身のやつだ!」

そうなんですよ~いい味が出てるんですよー

「開いちゃってもー♪」

っていうアジの開きでごはんをぱくぱく。

「いつも食べるひじきと全然違うね。。。」

っていうこちらで食べるヒジキをは各段に味の違うひじきでごはんをぱくぱく。

最高です!あけむら屋さん!妻良!!

また来年もよろしくお願いいたします。

投稿者 muraminex
| コメント (4) | トラックバック

2009年08月11日

チェブくん妻良へ行く@南伊豆

サッカーのない先週末は毎年恒例の南伊豆へ。
今年は妻良(と書いて”めら”とよむ)に行ってまいりました。
20090808_01.JPG

毎年高校時代の水泳部の仲間と南伊豆へ行くのが恒例となっています。
その仲間のひとりがこの間結婚したのですが、そのお相手の女性が
なんと偶然にも南伊豆の妻良出身の女性の方だったんです!!
しかもご実家は民宿をされているとか。
なんという巡り合わせ♪
でかしたぞまちゃお!
新婦さんはとっても素敵な人で
まさに「良い妻」とかいて「良妻」の出身の女性。
これからも弥栄高校水泳部OG・OBファミリーの新しい家族としてよろしくお願い致します。

心配していた天気もこの通り快晴!

この妻良には港の奥の海水浴場以外に渡し船でしかいけない浜があるとか。
スモグラーの腕がなるぜ!と思ったら波が高くて本日欠航とのこと。。。
台風のバカー!!
しかも台風の影響で港の奥の海水浴場も透明度が。。。。くすん。
でもこの妻良には海上アスレチックなるものがありました。
http://www.minami-izu.jp/kanko09.html

最初のうちは子供っぽいなと思っていたのですが、
この海上アスレチックを使っていろんな遊びを考えてるうちにすげー楽しくなってきました。
仲間のノリもだんだん良くなってきて大笑いしながらの海遊び。
たまにはこんなものもいいですね。

さて海でたっぷり遊んだあとはシャワーを浴びてから港町を散策しました。
遊び疲れた夏の夕暮れ時。なんだかとっても懐かしい。
知らない町の細い路地裏。なにがあるだろう。
「さあ行くよ~」

道路にある給水口かなんかのフタにもこんな町の風景が。
「こういうのいいよね」

「南伊豆にはそこらへんに野生のアロエがあるんだよ!」

日焼けでヒリヒリした皮膚にアロエを塗りたかったけど、
これはひとんちのなんでやめました。。。

「たまねぎ。。。」

干して料理に使うんですかね?

「妻良のオサレサロンでしょうか?」

「こんな路地浦にも酒屋さんが。民宿御用達なのかな?」

ふとした壁にもなんだか良い雰囲気が。

とあるコンクリートの坂道には
「ずーと残るねこくんの足跡が続いてた。。。」

南伊豆の植物を見ていると温室にいるようだ。
「黒潮のおかげでいっつもあったかいからかな?」

「ジロさんにお花の名前教えてもらったけど忘れちゃった!」

「こっちはダリアだよね!」

「ニ、ニガウリだー!!」

たぶん家庭菜園のやつですね。

コンクリの壁からももじゃもじゃと。
「やっほー!」

あれ、なにやら真っ赤な粒を干しているぞ。。。
「あ!梅干しだっ!!」

見ているだけですっぱくなる!


むむ?今度は井戸のようなところがありました。
「なんだろうね?これ?」

近くにいたおばあちゃんに尋ねたところ、
湧水が出てくるので洗い物や洗濯に使っているとのこと。
「夏は冷たくて、冬はあったかいので重宝してる」だって。
なんでもたまに魚とかを入れておくとか。
今は海老がいるって言ってたけど見えなかったな。
でも昔よりは水の量は減っちゃたらしい。
なんかさみしい。

路地裏から道路の下のトンネルがあったので行ってみたら

「わぁ~海に出たぁ~」

夕暮れに散歩する親子を見ながら。。。チェブくんの家族はどうしているのだろうか。

夕暮れはやっぱりなんだかしんみりとしちゃうもんだよね。

チェブくん「さ、そろそろ夕飯の時間じゃないの!」
俺「はーい!」

帰ろうとしたとき、足元をぴょんぴょん飛び回るやつらが。
ん??なんだ??

フナムシの幼虫!?へぇ~!!何気に初めて見たよ。

さ、はやく帰らなきゃ。俺のごはんがなくなっちゃう。

民宿の近くにはいかにもな商店が。小さいけどなんでも揃います。

はい。これで今日の散歩はおしまいです。素敵な散歩だったな。。。

投稿者 muraminex
| コメント (3) | トラックバック

2009年08月06日

阿佐ヶ谷七夕祭り2009

今日は阿佐ヶ谷七夕祭りの初日でした。
20090805_01.JPG

阿佐ヶ谷の七夕まつりは商店街を飾り付け、
各店が自作のはりぼて飾りを上からつるします。
はりぼて飾りのはその年の流行したキャラクターからよく分からないものまで
各店の個性が出ています。
また普通のお祭りと違って出店も商店街の各店が出しています。
パエリヤパスタやお肉屋さんのソーセージ焼きなど変わり種もあり
見るのも食べるのも楽しいお祭りです。

「平日だというのにすごい人でだよ~」

で、そのなかでもFC東京ファンとして毎年楽しみにしているのが
越後屋呉服店の作るFC東京の選手のはりぼて飾りです。
さてはて今年はだれかな~


「じゃーん!石川直宏選手でーす!」

やはり今年大活躍のナオ様ですね。例年より細見な感じなのは気のせいでしょうか♪
そういえば今年新入団した田邉草民選手は杉並出身ということなので、
是非とも活躍して地元出身者によるはりぼて飾りになってほしいですね。

あとこんなはりぼて飾りもありました。
「キヨシローウサギですね♪」

ってな感じで一通りはりぼて飾りは見れたのですが
忙しくて出店で買い食いする暇なしでした。。。残念。

投稿者 muraminex
| コメント (1) | トラックバック

2009年08月03日

負けたぁー@川崎戦

「バモ!トーキョー!バモ!トーキョー!」
20090801_01.JPG

トーキョーこそ全て
俺らを熱くする

情熱をぶつけろ
優勝をつかみとれ

バモ、トーキョー、バモ、トーキョー
バモ、トーキョー、バモ、トーキョー
バモ、トーキョー、バモ、トーキョー
バモ、トーキョー、バモ、トーキョー

まだまだこれからだぜ!!

投稿者 muraminex
| コメント (3) | トラックバック