« 課題はやっぱりメンタルじゃね?@大分戦 | メイン | 迷うな@ナビスコ準決勝清水戦 »

2009年08月31日

大朝日岳(2日目)@山形戦⇒鹿島戦

前日からガスっていた山頂小屋ですが、翌日の夜明け前もガスってた。
「まさに五里霧中だね。。。」
20090821_01.JPG

つーことで日の出は諦めて、さっさと下山することにしました。


道標がなく先も見えないのですが、こっちでいいのかな?
「むらさんに任せた!」

「ちょっとだけ先が見えてきたよ!あの奥が小朝日岳かな?」

ここらへんから雨、風が強くなったりしてきました。
まさにWhen you walk through a storm Hold your head up highって感じで前に進みます。

「小朝日岳が近づいてきました」

「ちょっとだけ登るけど、昨日あれだけ辛い登りをやったから楽勝だよね!」

「あっさりと小朝日岳のピークです。が、なーんも見えません」

「さあこの稜線をガツガツ行くよ!」

「滑落しないように気をつけて。。。」

「鳥原山の展望台です。でもピークはここじゃないんだよね」

「僕らが来たところはまた雲の中だね。。。」

鳥原山のピークはひっそりとこんな感じで
「なんかさびしいね」

鳥原山のピークから鳥原小屋の間には湿原があります。
「東北の山は稜線に湿原があるんだね~」

「どっちいくの?」

右に行きます。
左に行ったら帰れないよ!

「風が強いよ!飛ばされそう!」

「少し下ったら沢に出ました。」

「道標がひしゃげちゃってるYO!」

朝日鉱泉までどれくらいなんだ???

「標高も1000mを切りました。だいぶ下ってきたね」

いい感じの森の中。雨の山も実は雰囲気があって好きです。

カメラ曇っちゃった。。。

今回の山行では初めてストックを使用しました。

このブラックダイヤモンドのストックはLEKIなどと違って、
長さを固定するのにまわして締めるのではなく、
カメラの三脚のようにレバーを開閉して締めるので素早く長さ調整ができます。
実際に使ってみてもなかなかいい感じでした。
これからの山行の心強い味方になりそうです♪

なんか変な植物が生えてたのでパチリ。植物なのにプラスチックみたいな感じだった。

「もうちょいだけど油断しないでね~」

ここまで下ってくるとだいぶ余裕も出てきて
チェブくん写真の撮影などに時間がかけることができてきます。

ちょっとミロの版画のような構図を意識して。。。

苔むした木に住むチェブくんの図。

苔を観察するチェブくん。

さて大朝日岳登山も終わりに近づきました。
「昨日最初にあった分岐点のところまできたよ」

「昨日と同じ道だけど、何かが違う気がする。。。」

それは山の雰囲気なのだろうか、それとも自分なのだろうか。。。

最後に吊り橋。やっぱり苦手です。

車に戻ってきてパチリ。お疲れ様。俺。

最後にナチュラリストの家にてお風呂に入ります。
ちっちゃいけどいい味の出たお風呂でした。

ここは温泉じゃなくて鉱泉。ま温度の低い温泉なんですけどね。
「いい湯です♪」

ってな感じで無事に大朝日岳を制覇!
久々の一人山行。最初はちょっと不安だったけど、やっぱり面白い。
山との戦い。自分との戦い。よい修行になりました。

さて次はどこの百名山で東京マフラーを掲げようかな?

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/229