« 旅の途中に@山形戦⇒鹿島戦 | メイン | 灰と焼酎と桜島@京都戦 »

2009年09月12日

那須岳@山形戦⇒鹿島戦


なかなか夏休みのエントリーが終わりません。
つーか鹿島戦もアップしてないし。。。
明日は鹿児島だし。。。
ネタが多いのは良いことですが、消化不足は如何なものかと。

というわけで、大朝日岳⇒米沢と向かい、この日は那須岳に登りました!
20090822_01.JPG

駐車場には深夜到着し、この旅で2泊目の車内泊。
明け方起きたときにはシトシトと雨が降っているのでした。
「今回は雨につきまとわれてるね。。。」

駐車場の奥に見えているのが(たぶん)那須岳のひとつ朝日岳。
那須岳はひとつの山の呼称ではなく、茶臼岳・朝日岳・三本槍岳の総称とのことです。

車の中で雨が弱まるのを待っていたら6時すぎに大分雨足が弱くなってきた。
さあ出発だ!

那須岳は結構な観光地で、グズグズしてると団体客と一緒に登ることになる。
「さ、ペースを上げれるところは上げていくよ!」

と結構良いペースで峰の茶屋避難小屋へ。
「なんかデビッド・リンチの映画に出てきそうな小屋だね。。。」

こんなところでは休憩なぞいらん。水分だけ補給して朝日岳へ向かいます。
「あれが朝日岳?」

ここらへんからはガレ場が続きます。
「落石注意。。。」

稜線に出ると結構風が強い。風の通りみちのようですね。
「うしろに見える朝日岳まで5分だよ!」

雲はすっかり上のほうに行ってしまい、結構遠くまで景色が望めました。

まずはっちゃっちゃと朝日岳を制覇!
なんかそれほど山登りをした気がしない。。。
だって登り始めて1時間ちょっと、標高差500mぐらいだもん。。。
「茶臼岳を上から見下ろせます♪」

東京マフラーでパチリ。

さ、次々!
今度は三本槍岳に向かいます。
途中の清水平という湿原からみた三本槍岳です。
「ここらへんでのんびりお弁当もいいよね♪」

とチェブくんは言いますが、今日はどんどん先へガツガツ行っちゃいます。

途中にあった這松の倒木。
「部屋のインテリアにほしいかも。。。」

「三本槍岳はなだらかなピークです。でも那須岳で一番高いんだよ」

ここもガーっと登りきって、はい頂上。
「なかなか良いペース」

東京マフラーでパチリ。

この日はタイムトライアルな感じになってきた。ここまで登り始めから2時間。
さて次は来た道を峰の茶屋まで戻って茶臼岳へ向かいます。
すると途中で

「向こうからなにか来たよ。。。」


あれは。。。


「ヘリコプター。。。」

そう、登山道を整備するための資材を運ぶヘリコプターでした。
しばらく観察していると、三本槍岳の手前でホバリングして荷降ろししてました。
ヘリでの運搬ってお金かかるんだよね。
こうやって登山道を整備して頂けていることに感謝!

1900m峰という投げやりなネーミングのところで休憩&軽食。
朝日連峰で食べたパワーバーに続き、今度はCARBO shotzというジェル状のサプリメント。
「さあお試しあれ!」

ウエッ。。。
マズッ。。。
なんかドロドロしすぎて喉に絡まる。。。

つーわけで次回は無さそうです。
とは言っても違う味のやつが2本ぐらい残ってんだけど。。。

「帰りも鎖場は気をつけてね」

峰の茶屋から望む茶臼岳。現在も活動中の活火山です。
「右の方からガスの煙が見えるね」

茶臼岳への道は大きな岩が多いので、
ステップも合わせて大きく、ダイナミックに登っていきます。
「道が分かりづらいけど、黄色いマーカーが目印だよ」

ふと振り返ると先ほどまでいた朝日岳、三本槍岳が望めます。
「こうやってみると距離あるね」

「頂上の噴火口跡には何もないんだね。。。」

朝日連峰での体を酷使したせいか、この日はすこぶる調子が良かった。
荷物がほとんどなかったおかげでもあると思うが
登り始めから4時間弱で朝日岳、三本槍岳、茶臼岳を制覇。
いつもはコースタイムより短いなんてことはあり得ないのだが。。。
やればできるじゃねぇか俺。うん、もっと山登りてぇ~!!

ここらへんからは観光客もいっぱいいるのでのんびり。
「むかしはこっからガスが出てたのかな?」

そんな噴火口跡にもこんな植物が。。。
「ウラジロタデっていうやつかな?蓼食う虫も。。。のタデ?」

こうやってみると結構荒々しい山々ですが、簡単に登れちゃう観光地だから不思議。

「下のほうからガスが噴き出てるよ!」

奥のほうのなだらかなところは日の出平かな?

山頂はロープウェイ+40分ほど登って来た観光客でにぎわっているので
写真を撮るタイミングも一苦労。隙を見計らって東京マフラーにてパチリ。

これで百名山の一座、那須岳制覇!!

帰りは面倒なのでロープウェイを使います。
ロープウェイまでの道は人が多く、しかも歩きずらい道をいきます。
「結構登ってくるね」

「おつかれさまー、まだ11時だよ?」

っちゃっちゃとロープウェイで下ってうまいもん食べに行こうぜ!

「あれは朝日岳だよね。。。」

ってな感じで山登りは午前中に終了。
昼飯は那須に詳しい友人に聞いていた某お蕎麦屋さんに行きました。
人気店らしく遅く行くと売り切れ御免だとか。だから急いでたのか俺?

「素敵な暖簾ですね」

店内も落ち着いた感じでよかったです

「天ぷらそば~♪好き!」

「美味しいお蕎麦だったよ!!」

さて次はどうしよう。明日の目的地は決まっている。
鹿島スタジアムにて鹿島アントラーズと戦う日だ。
そしてその前に筑波山を制覇し、茨城を完全制覇するんだ!
ではその前に宇都宮で餃子でも喰って景気づけだぁ~!!!

と息巻いたものの、宇都宮ではタイミング悪く餃子食べれず。
結局夕飯はへんな焼きそば屋さんで
ほとんど具のないやきそば食べただけになりました。。。
ま美味しかったんだけどね。。。

「味のある店構え」

「具ないけど、しっかりとした太麺で美味しかった!」

さて次はどの百名山で東京マフラーを掲げようかな?
(って筑波山に決まってるんだけどさ。。。)

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/233

コメント

那須楽しそうー♪ 思い出したけどみづゑさんも茶臼に登っているんだよ。何歳のころだったか? もちろんおいらが抱っこして登ったんだけど。ウサギさんの耳がついたつなぎの産着じゃないけど着ていたね。ヨチヨチ歩きだったかな、だから1~2才かな♪

楽な山もあるけど山は山。爆裂噴火口は知床の硫黄岳の景色と共通する感じ。いつだったかどこだったか忘れたけど有毒噴気で複数の登山者が死んだことがあったね。どうってことのない窪地にたまっていたらしい。そこを登っていてバタバタ倒れて。当時は新聞がおおいに騒いだ記憶があります。楽だからといって山を甘く見ないほうがえーという教訓です。

お疲れー♪

投稿者 WW : 2009年09月12日 09:53

鎖場の足場、とっても急な感じでビックリしました。山育ちなのに、登山経験は少ないので、鎖場のある風景は新鮮でした。

投稿者 みかん : 2009年09月12日 22:58

stellar daybook you bear

投稿者 Dionna Ragain : 2010年12月13日 15:47