« 筑波山@山形戦⇒鹿島戦 | メイン | まだダンスは終わらない »

2009年10月02日

旅の終わり@鹿島戦

さて夏休みも最終日。〆は首位鹿島との戦いです。
20090823_30.JPG

が、もうすでに一ヶ月以上前の話なんで内容忘れました。
まだまだ力及ばず。。。

筑波山を後にした自分は、その後水戸の温泉にて旅の垢を落としました。
(あ、もちろんこの遠征中には山の上でない限りちゃんとお風呂入ってましたよ。一応)
びっくりしたのはその温泉に東京サポの若者がいたこと。
声をかけたら海で遊んできたとのこと。ほんと東京サポは遠征ついでに遊ぶのすきねー

で、水戸でレンタカーを返したあと、水戸といえば納豆!
ということで納豆料理のある居酒屋さんで昼飯。
「”てんまさ”というお店です」

「やっとお店でビール飲める~プハー!」と俺の気持ちを代弁するチェブくん

「いただいたのは名物ねばり丼です」

「これをまぜまぜして食べるですよ!」

とまあ期待してたのですが。。。お味はいたって普通。
さすがに納豆はこちらとはちょっと違う気がしたけど、気のせいかも。

「納豆コースってのでもよかったかもね」

「ほかにも納豆料理が色々♪」

まあ水戸がJ1にあがったらまたくることになるでしょう。
っていったいいつになることやら。

「でも水戸ってホーリホックの気配がない町でした。。。」

これにて夏の旅は終了。
色々と思うところがあり、純粋にすべてを楽しめたわけでもないけど
むしろ非常に苦しく辛い旅だったけれども
やっぱり山の上はよかった。特に大朝日岳はとてもよかったです。
なにげに水戸といえば水戸黄門。「人生楽ありゃ苦もあるさぁ~」ってことですね。
正直、そんな簡単に言い放たれても腹立たしいんですが、
でもやっぱりそのうちいいことあるよね。あるかな?あるさ。きっと。
つーか自分で掴め。

投稿者 muraminex

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cheblog2.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/238